調剤薬局で働く薬剤師のメリット

薬剤師転職 > 薬剤師は調剤薬局のチェーン店で働くメリットとは?

薬剤師は調剤薬局のチェーン店で働くメリットとは?

大手調剤薬局チェーン店へ転職や就職を希望している人は少なくはないと思います。 調剤薬局やドラッグストアは、薬剤師にとって一番の就職先でもありますからね。 では、大手調剤薬局チェーンで勤務すると、どのようなメリットがあるのでしょうか?

大手の調剤薬局チェーンはいくつかありますが、もしも一生転職せずにやっていくつもりでしたら、最大手の会社はあえて避けて、その後ろを追いかけるように走っている会社を選ぶことがおすすめです。

最大手の場合は、たしかにかなりしっかりしているので、福利厚生や給与面などに不満は生まれないと思いますが、きっちりしすぎて社風が合わない場合があるのです。 一方、大手は大手でも少し後ろを走っているような会社の場合は、最大手並みにしっかりしているし、そして少し温情的な社風が残っている会社が多いのです。

最大手で勤務する場合、かなり忙しい日々を過ごすことになります。 そして、全国展開しているため、異動は全国どこに飛ばされるかわかりません。 しかし、最大手の少し後ろを走る会社は、教育がしっかりしており、一人ひとりの薬剤師のレベルもかなり高くなっています。 なおかつ最大手ほど凄まじい日々を過ごすこともありませんので、勤務するならそこらへんを狙っていくことがおすすめです。

チェーン店で勤務するメリットは、色々なことを学べるということです。 まず、薬剤師としてではなく、社会人としての基本的なマナーなどを学ぶことができます。 この部分はどの業界でも通用する部分だと思うので、社会人としてのマナーを身につけることはとても良いメリットだと思います。

そして、薬剤師の一人ひとりの能力が高いということは、教育システムが充実しているということです。 みんなと一緒に勤務しているだけで、みるみるスキルが上がっていきます。

また、ITに関してのスキルも必要不可欠なので、自然とスキルが身についていきます。 他にもメリットもたくさんあるため、転職を考えている人は一度、大手チェーンの調剤薬局で勤務してみるのも良いと思います。