薬剤師に求められる能力

薬剤師転職 > 誠実さと能力の高さ、薬剤師はどちらが重視される?

誠実さと能力の高さ、薬剤師はどちらが重視される?

転職や就職をする際に、面接官が注目するのは「能力の高さ」と「誠実さ」です。 もちろん、どちらも高い人が採用される薬剤師だと思いますが、どちらも完璧な人ってなかなかいません。 自分のスキルが高くて、誠実さも大きければ、とっくに大手の企業に就職していると思いませんか?

面接官もそのつもりで、面接をしていることが多いようです。 そこで問題になるのが、誠実さが大きい人がいいのか、能力が高い人がいいのかです。 例えば、書類選考だけですぐに就職できる会社があったとします。 書類だけですと、あなたの人柄は全くわかりませんので、スキルだけを見て判断するでしょう。

しかし、現実は就職には面接が付きものですよね。 たしかに能力が高いと優遇されることもあると思いますが、実は面接がって人柄を重視していることが多いようです。 能力といういのは、経験を積んでいけば、多少なりとも必ず上がっていくものです。

しかし、誠実さというのは会社が指導していくことで、上がっていくものではありません。 いくら能力が高くても、良いキャリアを積んでいたとしても、誠実さにかけてしまっていたら、採用されるのは難しいでしょう。 その点、特に突飛した能力もなく、仕事を覚えるのが遅いという人でも、誠実さがあれば、採用される可能性はおおいにあるのです。

調剤薬局などの薬剤師の仕事って、別に商品をデザインしたり開発したりする、センスの問われる仕事ではありません。 できるようになるまでがかなり遅い人でも、一生懸命頑張って仕事をしていけば、必ずできるようになります。

だから、即戦力になる人が来れば嬉しいのは確かですが、大切なのは能力の高さよりも、誠実さということになるのです。 なので、自分は能力が低いと自信を持てない人も心配することはありません。 誠実さをアピールできれば、必ず転職に成功すると思います!

アピールの方法は、薬剤師の転職支援サイトを利用してみると、学ぶことができますよ。 サイトに登録すれば、直接コーディネーターからアドバイスをいただけることもあるので、是非利用してみてくださいね!